TOP

ニュース 2019年

2019/02/25
堀田茜が春の淡路島でフォトジェ旅
「旅色」×淡路島タイアップ別冊を公開

高さ約3mの巨大玉ねぎや淡路グルメなど“せとうちリゾート”を堪能

無料で読める電子雑誌を発行する株式会社ブランジスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岩本恵了、証券コード:6176)は、旅行電子雑誌「旅色」の別冊として、一般社団法人 淡路島観光協会とタイアップした特別編「旅色 -淡路島[兵庫県]-」を公開いたしました。

堀田茜さんがナビゲートする電子雑誌「旅色 -淡路島[兵庫県]-」表紙

堀田茜さんがナビゲートする「絶景とアートに癒される“せとうちリゾート”淡路島」

https://tabiiro.jp/selection/awajishima/

谷まりあさんがナビゲートする電子雑誌「旅色 -長崎市[長崎県]-」表紙

 電子雑誌「旅色」は一般社団法人 淡路島観光協会と提携し、播磨灘、大阪湾、紀伊水道の3つの海に囲まれた瀬戸内海最大の島、淡路島を特集する別冊を公開しました。淡路島は、世界最大の吊り橋「明石海峡大橋」や、建築家の安藤忠雄氏が設計した花が彩る複合施設「淡路夢舞台」、ハローキティの世界が楽しめるレストランなど、ユニークな観光資源が数多く、海外からも注目を集めるエリア。その地を、モデルやタレントとして活躍する堀田茜さんが訪ね、淡路島の魅力をナビゲートします。

第一特集「自然のなかでのんびりと 淡路島トリップ」

https://tabiiro.jp/book/selection/awajishima/#!4

 国生み神話の島としても知られる自然豊かな淡路島。海や山の景色を楽しみながら美味しいものを食べ、話題のスポットで遊び、温泉でのんびりすれば、癒されること間違いなし。松阪牛・近江牛・神戸牛といった世界的にも有名なブランド牛肉のルーツとしても知られる淡路和牛や名産のタコなど、食の宝庫・淡路島には美味しいものが盛りだくさん。また、カラフルなのにどこかレトロなイラストが描かれた壁のある海岸や、本物の玉ねぎを掴むクレーンゲーム「たまねぎキャッチャー」、人間の身長より大きな高さ2.8mの巨大玉ねぎのオブジェなど、ユニークでフォトジェニックなアートスポットもたくさん。「ここはどこ?って言いたくなるような画が撮れておもしろいです。」と、普段写真をあまり撮らないという堀田さんも、旅の途中、夢中でカメラを向けた場所にも注目です。
 他にも、世界に一つだけしかないアート作品が並ぶギャラリーやシアターを併設した、ハローキティの世界が楽しめる創作オリエンタルレストラン「HELLO KITTY SMILE」や、うず潮が見られる道の駅など見どころに溢れ、堀田茜さんも「島のあちこちがフォトスポットですね。海外から来る方にも絶対おすすめ!」と、今注目のリゾートアイランド・淡路島に魅了されていました。

自然のなかでのんびりと 淡路島トリップ

春の淡路島を遊びつくそう!

第二特集「春の淡路島を遊びつくそう!」

https://tabiiro.jp/book/selection/awajishima/#!8

 自然が美しい淡路島で、春を感じられるアクティビティをピックアップ。海に向かって広がる花の大パノラマが楽しめる「あわじ花さじき」や「淡路夢舞台」でこれから咲き誇る春の花巡りや、明石海峡大橋をバッグに自分のペースで観光も楽しめるサイクリング、海に沈む太陽を眺めながらの湯浴み、自然のなかでの乗馬体験など、春の淡路島でしかできない体験をしましょう。

春の淡路島を遊びつくそう!

翻訳版&パンフレット展開も予定

 「旅色 -淡路島[兵庫県]-」は、繁体字に翻訳した台湾版としてもリリース予定(3月28日予定)。台湾の方々へ淡路島の魅力をPRし、インバウンド観光促進にもご活用いただきます。さらに、日本語版、台湾版ともにパンフレット化も予定しており、さまざまな角度から観光振興を支援いたします。

■ 本リリースに関するお問合せ

株式会社ブランジスタ
広報担当:田口 隆一
TEL:03-6415-1183
FAX:03-3476-7877
お問い合わせ: https://www.brangista.com/inquiry/