商品ページ制作

売れる商品ページに必要な3つのポイント

ECサイトにとって、商品ページが売上を作る基礎であり命であります。

「商品ページを作成したが思った以上に売上が伸びない」、「理想はあるが、自分の技術では作れない、表現できない」、
「忙しくて商品ページ制作まで手が回らない」といったお悩みを抱えている方、是非ブランジスタへお任せください。

通算2,000社以上の積み上げた経験をもとに、「売れる商品ページ」を提供します。

「売れる商品」には理由があります。
その理由をページに組み込めるかで売上が変わると言っても過言ではありません。

まずは「売れる商品ページ」の基礎をお伝えします。
貴店の商品ページを一度見直してみてください。

商品タイプを知ろう!

商品によって商品ページに求められるものが異なります。
取り扱う商品のタイプがどちらのタイプかを分類しましょう。

  • ・ブランド商品・型番商品(JANコード)
  • ・オリジナル商品

商品タイプを知ろう!

ブランド商品・型番商品に関しては、商品価格が重要になってきます。

価格勝負になると、ページの良し悪しはさほど重要ではなく「安ければ安いほうがいい」という声もありますが、
安さだけが全てではありません。

最安値でない場合は、他店ではやっていない事を積極的に行いましょう。

  • ・他店では掲載されていないカット写真を追加する
  • ・見ただけでわかる説明ではなく、手にとってわかる感想を表現していく
  • ・会社概要ページを充実させ、お客様の不安を取り除く

など、商品価格ではない貴店の魅力を伝えていきましょう。

他店がやっていない事こそがチャンスであり、お客様に喜ばれるポイントです。

また配送料金やお届けまでの日数、アフターフォローなども重要です。
他店と比べてどうなのか、「なぜ当店で買うべきか」の答えを明確に意思表示できれば、お客様から選ばれやすくなります。

オリジナル商品の場合

オリジナル商品の場合は、徹底的に魅力を伝えないといけません。
いわゆる縦長商品ページ(商品ページの作りこみ)が必要です。

ブランド商品・型番商品と違って、その商品が何か、魅力が何かから伝える必要があります。

そこで必要になるのがネタ集めです。
その商品がどういう特徴かを整理しなければいけません。

  • ・その商品は何か(商品)
  • ・それは何をするものか(商品の特徴)
  • ・どんなメリットがあるか(機能のリストアップ)
  • ・どんな時に利用するか(シーンや使い勝手)
  • ・誰が使うか(ターゲットの想定)
  • ・その商品でどんな効果があるか(効果・実感)
  • ・類似品と比べての違い(他社比較)
  • ・興味を引く実績があるか(実店舗で販売した個数/表彰・受賞/メディア掲載など)

客観的に見てわかる情報説明のみだと魅力は感じられません。
その商品の良さが伝わるキャッチコピーや説明文にしなければいけません。

写真にこだわろう!

ECサイトにとって商品ページで使う写真は、その商品を売り続ける限りずっと残るものです。

商品のタイプによって異なりますが、ライバル店と比べてカット数が多いかどうか、見やすいかどうか、明るさは調度良いかどうかなど
写真にこだわっていきましょう。

手にとってじっくり見れないECサイトにとっては商品ページ内の写真が全てになります。

モデル撮影や料理写真などイメージが湧きやすいなら可能な限り導入をオススメします。

貴店だけで難しければ、是非とも外注をオススメします。

商品ページ内の写真は、非常に重要な部分なので、細部にまでクオリティにこだわりましょう。

お客様目線でイメージしよう!

商品ページが出来上がったら、お客様の視点で、客観的に見てみましょう。
この商品のベネフィットは何か?
お客様が求めているものは何か?

商品ページで表現している内容が両者の思惑に一致していれば購入に繋がります。

貴店の商品を良く知らないご友人の方が見ても「欲しい」と思える商品ページかどうか、
今一度見直してみましょう。